日本化粧品検定を取得したメリット3つとその勉強方法!

日本化粧品検定は美容業界で大変注目されている資格検定です。

日本化粧品検定を取得すると様々なメリットがあり、仕事でも日常生活でも活かす事が出来ます。

ではその資格を取得するメリットとは?

受験を決めたら何から始めてどうやって勉強したらいいのか?

実際に日本化粧品検定2級を取得した私自身の体験をもとに、日本化粧品検定取得のメリットや実際に取り組んだ勉強方法をみなさんにお伝えしていこうと思います!

 

日本化粧品検定とは?なぜ取得したのか?

日本化粧品検定とはどんな資格検定?

日本化粧品検定は正しい化粧品の知識習得・化粧品のスペシャリスト育成や、多くの美容関連企業で社員教育としても取り入れられている検定です。

1級2級3級があり、3級はWebで無料受験出来ます。

今現在どれくらい知識があるのか、お試しに3級から受験してみるのも良いですね。

もちろん1級から受験することも出来ますし、1級2級併願も可能です。

 

取得した理由

私は特に美容の仕事に就いていたわけではありませんでしたが、もともとメイクが好きだったのでメイクや化粧品の正しい知識、化粧品だけではなく肌の構造やしくみについても学びたかったので受験する事にしました。

また日本化粧品検定を取得する事によって、自分自身の美容のため、また家族や友人にも正しい化粧品の知識を広められるとも思ったのです。

 

日本化粧品検定を取得した事で得られる3つのメリット

日本化粧品検定を取得するとどんなメリットがあるのか?

気になりますよね!

ここで日本化粧品検定を取得する事のメリットを3つお伝えします!化粧品やメイクの正しい知識が身につく

普段使っている化粧品、本当に自分の肌に合っていますか?

「キレイになるぞ!」と高い基礎化粧品を購入しても、自分の肌に合った成分が配合されていない場合や間違った使い方をしてしまっている場合は非常にもったいないですよね。

逆にプチプラでも自分の肌に合ったものを正しく使う事が出来れば肌はきちんと答えてくれます。

検定では肌の基礎構造から肌タイプ別分類、化粧品の成分など詳しく学ぶことが出来るので、自分に合った化粧品を選び正しく効果的に使う事が出来るようになるのです!

メイクも、いつの間にか自己流になって正しい使い方や手順を踏んでいないと、キレイに仕上げられず美しさもキープ出来なくなってしまいます。

同じコスメでも使い方を変えるだけでグッと質感や印象が変わってきます。

日本化粧品検定では、メイクを基礎から学ぶことが出来るので自然と正しく、より美しいメイクをすることが出来るようになります。

 

仕事の幅が広がる

日本化粧品検定協会は美容業界で大変注目されている資格検定です。

中には社員育成のための社内試験に取り入れている企業もあります。

日本化粧品検定は40名以上の美容の専門家が監修しているので、これまで知ることの出来なかった美容に関する様々な分野を幅広く学ぶ事ができ、多岐にわたる仕事で活かす事が出来ます。

化粧品の販売や美容師・メイクアップアーティストなどの他に、美容や化粧品をメインとしたライター・ブロガー、エステなどの経営、ネイリストなど様々な仕事でスキルアップや活躍の場を増やせます。

 

コスメコンシェルジュに認定される

これは1級取得者のみですが、日本化粧品検定1級取得者は試験合格後、日本化粧品検定協会に入会している状態でコスメコンシェルジュ認定プログラムを受講する事でコスメコンシェルジュに認定されます!

このコスメコンシェルジュとは様々な肌の悩みに的確な化粧品を選び提案できる化粧品のプロフェッショナルという事が証明される日本化粧品検定認定資格です。

コスメコンシェルジュは現在化粧品・美容業界で実務において役立つ資格として幅広く支持されています。

社員教育する立場へのステップアップや接客時や商談での売り上げアップなど、実務で確実に役立つ知識が身に付きます。

またコスメコンシェルジュを取得することで独立し、サロン経営やプロ美容ライターなどに転身された方もたくさんいます。

今よりももっと新しい事にチャレンジしたい方はぜひコスメコンシェルジュ認定を目標にチャレンジしてみてくださいね。

日本化粧品検定を取得するための勉強方法

では、実際に受験するにあたりどのように勉強していけば良いのでしょか?

ここでは私が実践した勉強方法をご紹介します!

テキストと過去問題集を用意する

まず、テキストと過去問題集を用意します。

この2つは必ず揃えていただきたいのですが、テキストは書店と公式Webサイト両方で購入出来ますが過去問題集は書店では販売していません。

過去問題集は日本化粧品検定公式Webサイトで販売しているのでそちらで購入しましょう。

テキストは赤いチェックシートが付属されていて暗記するのに便利です。

過去問題集に記載されている類題は実際の試験問題に近いものが収録されているので繰り返し解いていく事でかなり力が付いてきます。

この2つをフル活用していきましょう!

テキストに目を通す

手元にテキストと過去問題集を用意したら、まずはテキストに目を通しましょう。

ここでは無理に覚えようとはせずどんな内容が書いてあるのかを掴んでいきます。

一度だけではなく何度か繰り返し読みましょう。

特に回数の決まりはありませんが私はだいたい最初に2~3回ほど目を通しました。

過去問題集をこなす

ある程度テキストに目を通したら、次に過去問題集に取り掛かります。

ノートに解答を書いていくのですが私の場合は問題文も一緒に書いていました。

その分時間がかかるので書かなくても覚えられる人は解答だけで大丈夫ですが、私の場合は問題を理解するのに時間がかかるタイプなので、問題を読んで内容をインプットしたあと書き出す事でアウトプットしていました。

そしてテキストを参考にしながらひたすら問題を解き、間違えた問題は間違えなくなるまで繰り返し解きましょう。

隙間時間にテキストを読む

移動時間や仕事の休憩時間なども有効利用し、赤チェックシートを使ってテキストを読み込みます。

特に苦手な分野は重点的に繰り返し読んでチェックシートを使いながら頭に入れていきます。

テキスト中に本番の検定試験に出やすい検定ポイントも記載されているので、そこは特に重点的に覚えるようにしましょう。

実際の商品の成分表を見る

私はよく普段の生活の中で実際に自分が使っている化粧品やコスメの成分表を見たりしていました。

すると何となく「この成分は美白に効果があるな」とか「この成分は保湿効果が高いな」といった事が見えてきます。

些細なことですが身近にある商品と成分を関連付けて覚えることでより記憶に残りやすくなります。

問題を解いたりテキストを暗記したりする事とは少し違いますが、文字だけでなくイメージで覚えたい人には良いかもしれません。

対策講座を受ける

また日本化粧品検定協会では日本各地にライセンススクールを開校、対策講座も開催しているので独学で勉強するのが不安な方はそちらを利用するのもおすすめです!

対策講座は経験豊富な講師による授業が受けられるので、効率よく勉強したい方や範囲が広く独学に自信がない方は利用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

日本化粧品検定は自分自身にも仕事にも大いに役立つ資格検定です。

もっと自分に自信を持ちたい!

もっと仕事でキャリアアップしたい!新しい事にチャレンジしたい!

そんな気持ちがある方はぜひ受験してみてください。

より充実した日々を送るためのチャンスをぜひ掴んで下さいね!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました