資格宅建を取得して良かった点や勉強法を解説

国家資格の中でも人気資格の宅建。

正式には「宅地建物取引士」と言います。

宅建は国家資格ながら受験資格が特になく誰でも受験することが可能

学生、主婦、キャリアアップの資格と色々な方が毎年受けます。

契約の時に重要事項を説明したり、宅建は不動産関係の仕事をする人には欠かせない資格です。

今回は、宅建資格の取得して良かった点、勉強法や合わせて持っておくといい資格などについてご紹介しますね!

 

宅建を取得して良かった点

宅建を取得して良かった点をご紹介しますね!

宅建は不動産業では、

重要事項説明書の説明

重要事項説明書への記名・押印

契約書への記名・押印

上記は、すべて宅建士の独占業務になっています。

 

宅建士の独占の仕事ということで資格手当なども付きます!

昇進や昇給の要件に加えたりしているところもあるので収入アップにもつながりますよ!

宅建の資格は毎年1回10月に試験が行われます。

合格率は、平均15%と言われています。

およそ23万くらいの受験者のうち3万前後が合格する資格。

15%の合格率ってなかなか簡単には受からない資格なんですね!
しかし頑張って合格した宅建資格は、一生使える資格。

(更新手続きは必要です。)

再就職にも大変有利な資格なんですよ!

不動産会社などの宅地建物取引業者は、

「5人に1人の割合で専任の宅建士を設置しなければならない」と法律で決まっています。

しかも、専任ということでパートやアルバイトではなく、正社員、常勤で雇用しなくてはならならので、正社員雇用の就職にも期待できます。

他にも宅建を取得しているといい点は、

  • 独立、起業に役立つ
  • マイホーム購入の際の知識に役立つ
  • 賃貸契約の際にも知識として役立つ
  • 求人が多い
  • パート、アルバイトでも需要がある
  • 収入、時給が高め

このようにたくさん資格取得メリットがたくさんあります!

この機会に宅建資格の受験を考えてみるのもいいかもしれませんね。

宅建の勉強法は独学より通学・通信講座がおすすめ

宅建は、独学、資格スクールに通う通学通信講座など色々な方法があります。

社会人や主婦の皆さんは、

限られた時間での学習管理を考えると通信講座がおすすめです!

宅建資格の合格取得に必要な勉強時間は、合計300時間前後とも言われています!

私も半年くらいかけて勉強しました。

途中、もうダメかもと思いながらもなんとか合格できました。

毎日コツコツと勉強することが大事ですよ!

宅建の勉強は順番が重要ポイント!!

宅建資格の勉強を進めるにあたり勉強の順番も大事になってきます!

おすすめの順番は、

「宅建業法」→「権利関係」→「法令上の制限

の順番で勉強することです!

宅建業法は試験問題全50問中20問出題の最も配点の高い科目なので絶対落とせない科目になります。

宅建業法は、比較的に3科目の中でも覚えやすいです!まずは、宅建業法から勉強してみましょう!

試験としては、

権利関係(14問)、宅建業法(20問)、法令上の制限(8問)、その他の法令(8問)

の配分で出題されます。

また、忘れちゃいけないのが登録者講習です。

不動産業で働いてる人が受けれる講習。

この講習に合格すると試験点数が5点免除されるので、従業員の方はしっかり活用したい講習ですね!

毎年、春から夏前に行われます。

宅建と併せて持っていると良い資格は?

せっかく宅建資格を持っているならば、

一緒にダブルライセンス、トリプルライセンスとして持っておくといい資格もご紹介しますね!

  • ファイナンシャルプランナー(通称FP)
  • 不動産経営管理士
  • 管理業務主任者
  • マンション管理士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • 福祉住環境コーディネーター

不動産経営管理士はまだ国家資格になっていないので比較的ほかの資格に比べて合格率が高い資格になります。

勉強内容の宅建試験内容と重なる部分もあるので勉強が始めやすい!!

不動産経営管理士は今後国家資格になるであろう資格です。

不動産管理には、今後必須の資格になってきますので需要も高まりますよ!

私も今年受験予定ですが、不動産経営管理士も免除講習があります。

しかも、こちらは講習の受講資格は特にないので誰でも受講することが出来ますよ!

 

まとめ

今回は、宅建資格の取得のメリットと勉強法についてお伝えしてきました!

取得することで、色々なメリットがありましたね!

収入アップ、就職に有利、知識の豊富さ、正社員・アルバイト・パートなど働き方が選べる。

また、不動産経営管理士、ファイナンシャルプランナーなど一緒に取得しておくといい資格や勉強範囲が重なるので取りすい資格もありましたね!

今後の就職・キャリアアップ・転職などにも履歴書に書いてあるとアピールになる資格なので是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました